2018年09月08日

発表会お疲れさまでした。

発表会お疲れさまでした。
30周年の会に参加することができとても嬉しいです。
富田先生をはじめとする先生方、役員の皆さん、会に携わった全ての皆さんありがとうございました。
小品集では3回目のパドドゥを経験させていただきまたひとつ成長できたと感じています。
シンデレラでは先生方と舞台に立ち全員で一つの作品を完成させることができとても楽しかったです。

発表会が終わりあっという間に1カ月が経ち私は留学生活をスタートしました。
早くも最初の一週間が終わろうとしています。毎日5、6クラスありハードスケジュールですがすごく楽しいです。
たくさんのことを吸収して成長して帰ってこられるように精一杯頑張ります。
来年の6月にみなさんに会えることを楽しみにしています。

堀池 美桜
posted by petit pointe blog at 23:28| 教室の皆様からの声

2018年09月06日

発表会、お疲れ様でした。

発表会、お疲れ様でした。
今回30周年記念の発表会に携わることが出来、本当に嬉しく思います。富田先生、畑中先生、上野先生、安間先生、中嶋先生、吉野先生、小川先生、おめでとうございます。

私は留学していて、一年のほとんどはプチポアントには居ませんが、夏休みに帰って来るたびに、ppのお稽古場、舞台に戻ってきて、踊らせて頂けることにとても感謝しています。今回はシンデレラには出演はできませんでしたが、小品集で海賊のグランパドドゥを踊る機会を頂けました。ppの先生からは教えていただくことがたくさんあり、課題が山のように見つかったので、次に帰って来るまでに直したいです。
先生方の、シンデレラのメーンキャストも、本当に素敵でした。

一年ぶりに、ppでバレエを頑張ってきた子達を見ると、本当に変わっているので、いつもびっくりさせられます。同時に私がまだ小学生だった時にヴァリエーションを踊った頃と重ね合わせて、懐かしくなったりもして、、、。その子達を見ていて今は私が、良いお手本を見せられらようにしなきゃ!と背筋が伸びます(笑)

私もこの夏は、発表会、pp講習会、外部で受けたマスタークラス、オープンクラスを受け、沢山の刺激を受けられたので、また九月にロンドンへ戻っても、更に上を目指して精進します。

私事ではありますが、今年の9月からでEnglish National Ballet Schoolで学ぶ最後の一年、つまり、私にとって生徒として最後の年になります。既に2年経ってしまったことが信じられませんが、小さな頃からの夢であった[プロになる]という目標が、目の前にあります。その夢を叶えるためにバレエ団に入るためのオーディションを頑張ります。4歳からppでバレエを習ってきて、いつしか本気でプロを目指すようになって、そのppにようやく恩返しができるんだ!と嬉しい気持ちの反面、本当に成功できるのか、不安な気持ちが大きいです。ppは本当に素敵なお教室だと思います。こんな私ですが、応援してくださったら幸いです。私は、いつまでもppの生徒です!

また春か、夏に帰国する予定ですので、その時はどうぞ宜しくお願い致します。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!

S2 クラス 荻野律子
posted by petit pointe blog at 21:29| 教室の皆様からの声

2018年09月03日

【発表会の感想と御礼】

タイトル 【発表会の感想と御礼】

富田先生、やよい先生、ちふみ先生、
その他教師の方々、スタッフの皆様、お手伝いの先生方、この度は発表会にあたり、ご指導頂きありがとうございました。

発表会が終わり1ヶ月、未だ興奮冷めやらぬ様子でゲネの動画を何度もみている娘たちを見ながら、かけがえのない経験をまた一つさせて頂き、心から感謝しております。

『シンデレラ』、本当に素晴らしかったです!
ふみ先生のシンデレラは可憐でありながらもとても伸びやかで素敵でした。
やよい先生の義理の母、ちふみ先生と紀苑先生の義理の姉は、ユーモアに溢れ、存在感が抜群で、普段とは違う先生方の演技に釘付けでした。
ゆき先生の仙女も、清らかで、そして凛としたオーラにうっとりしてしまいました。
そして安定感と貫禄のある安間先生の誘いの精、梅澤先生の眩しいほどの王子様…
一瞬たりとも目を離せないほど素敵で楽しく、そしてプチポワントらしい温かみ溢れる舞台でした!

ジュニアクラスの長女は舞台に立つ時間もグンと増え、沢山踊る機会を頂き、振りを覚えるのが難しかったようです。しかし合同練習が始まったあたりから何となく顔つきが変わり、ただ踊るのではなく、どうやって踊ったらいいかを本人なりに考えていたように思います。

春のコンクールでは緊張でガチガチ、初っ端から足がこんがらがってしまったヴァリエーションも、今回は笑顔も見られ少しだけ上達も見られホッとしました。

ベビークラスの緊張しやすい次女も、まっすぐ正面を向いて精一杯の笑顔で堂々と踊っている姿に成長を感じました。

もしバレエがなかったら…と考えると少し怖くなるくらい、娘たちにとってバレエは大きな存在です。母としては技術的な事はわかりませんが、プチポワントでのバレエを通じて、精神力や集中力、表現する楽しさ、努力する姿勢、自分に自信を持つことなどかけがえのないものを育んで頂いてると感じております。

また今回は、微力ながら役員としてお手伝いをさせて頂き、日頃の先生方のご尽力と共に舞台を作り上げる為に沢山のスタッフ、保護者、お手伝い下さる先生やOGの方々、素晴らしいマンパワーを近くで感じることができました。本番が近づくにつれて、慌しい事もありましたが、同時にまるでウン十年前の文化祭前のようなワクワクする気持ちを思い出し、本番を無事終えられた事はこれまで以上に喜ばしく、感動もひとしおでした。
頼りない私を助けてくださった役員の方々始め、いつも協力的で暖かい言葉をかけてくださったリラの会の方々にも改めて御礼申し上げます。

今後とも宜しくお願いいたします。

伊澤 母


発表会では、振付やご指導してくださってありがとうございました。
沢山踊ったので、フリを覚えるのは大変でしたが、場当たりなどは注意をよく聞いて、気を付けてやったら失敗をしないで本番をむかえられました。これからもバレエを頑張ります。
ジュニアクラス 伊澤 杏珠

はっぴょうかい、たくさんおしえてくださりありがとうございました。
きんちょうしたけれど、せんせいたちやおせわのおねえさんたちのおかげでゆうきとげんきがわいてきました。いつもありがとうございます。これからもバレエがんばりたいです。
ベビークラス 伊澤 綾夏
posted by petit pointe blog at 17:50| 教室の皆様からの声

2018年09月01日

発表会では大変お世話になりました。

発表会では大変お世話になりました。
シンデレラの美しさにうっとり、義母と姉妹の渾身の演技に笑わせてもらいました。
先生方が生徒たちのご指導だけでも大変な中、いつあんなに素敵な踊りを練習していたのだろう?驚きと感動でいっぱいです。

可愛いネズミが18匹出てくるたびに場内が和み、一年生ネズミは幕間に王子様との共演もあり、楽しく拝見しました。
二年前の舞台に立てるかしら?のドキドキは全くなく安心して見られた今回の発表会に娘の成長を感じました。さらに聞いた話だと本番前の舞台裏では随分と仕切っていたようで…あせあせ(飛び散る汗)発表会がうまくいくようにとの気持ちからだと思いますが、みんなで頑張ることの大切さや喜びも感じるようになったのかな?と思いました。

30周年という節目に娘が出演させていただけたこともとても良い思い出になりました。また私も役員として微力ながらお手伝いができたこともとても良い思い出となりました。
娘も先生方や上手なお姉さんたちの踊りに魅了され、ゲネの時の録画をなんども見ており、しょっちゅう義理のお姉さんのマネをしています、笑
ますますバレエ熱が高まりそうです!

来年のおさらい会ではエレになるのですよね。出てくるだけで可愛い!ではなくなるのが少し不安でもありますが、どんなことができるようになるのかまた成長や頑張った成果を見ることができるのが今から楽しみです!
先生方、そして出演した生徒の皆様、感動をありがとうございました!!
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
そして役員の方をはじめリラの会の皆様、いつもながら気の回る方ばかりでたくさん助けていただきました。ありがとうございました!!

ベビークラス 伊庭 咲更母

はっぴょうかいたのしかったです。きんちょうしました。うまくいってよかったです。おけしょうしたらじぶんのかおがオシャレにみえました。

やよいせんせい
ぎりのおかあさん、おもしろかったです。あおいいしょうがすてきでした。
ネズミのおどりをおしえてくれてありがとうございました。

ちふみせんせい、きえんせんせい
レースをひっぱるところがおもしろかったです。

ふみせんせい
シンデレラとってもきれいでした!

ゆきせんせい
てんしみたいにひかっててきれいでした。

いば ささら

posted by petit pointe blog at 21:29| 教室の皆様からの声

2018年05月29日

楽しく撮影させていただきました!

楽しく撮影させていただきました!

先日は久しぶりに懐かしいメンバーのお顔を見れてとても楽しく撮影させていただきました。
赤ちゃんのようだった子がだんだん少女へ変わっていく姿を見れるのは感慨深いですね。
ジュニアの子達の歩き方がすっかりバレエダンサーの歩き方に変わっていてとても嬉しくなりました。

Kaori Iwata
posted by petit pointe blog at 17:25| 教室の皆様からの声

2018年05月19日

沢山の応援をありがとうございました!

沢山の応援をありがとうございました!

堀池美桜の母です。
この度は、娘がYAGP NY本戦に出場するにあたり、沢山の応援をいただきありがとうございました。本来ならお一人お一人にお礼を申し上げたいところですが、ブログより失礼いたします。

コンテは日本時間の深夜、クラシックは早朝にも関わらず、ライブで沢山の方がエールを送ってくださったと伺い、嬉しく思いました。
私は全てを富田先生へ託し、毎日富田先生が送ってくださるLINEでNYでの娘の様子を知るという約12日間でした。日本にいる時よりもなぜか連絡をしてこない娘。「足首が痛いのかな?」「体調が悪いのかな?」と心配は尽きませんでした。その真意は判らぬままですが、15歳の娘なりに精一杯の12日間だったのでしょう。
一難去ってまた一難。足首の痛みは何とか取れたものの、小指の爪が割れた上に、親指の爪も皮膚に食い込んでしまい、酷い痛みだったそうです。本番には痛み止めを使うと聞いていたので、堂々と無事に踊りきった娘の姿をみて安堵し、涙が溢れました。皆様の応援がパワーになったのだと感じています。

結果は、娘が満足できるものではなかったかもしれませんが、この得難い経験は一生の財産になったことと思います。

怪我というアクシデントがあり、夢の舞台への道のりは険しかったけれど、想像以上に素晴らしいものだったようです。
娘にそんな景色を見せてくださったp.pの先生方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
13年間、p.pで基本を大切に丁寧にご指導いただいて参りました。
富田先生が「美桜の成長を見て、自分の方針が間違っていないんだと確信した」と仰ってくださったことがあります。先生を信じ、p.pに通わせ続けて本当に良かったです。

いつも親身になって相談に乗ってくださり、ピンチには惜しみなく手を差し伸べてくださった先生方。本当にありがとうございました。

p.pのこれからの益々の繁栄を願っています。そして、娘がこれからもp.pの生徒であることを誇りに、夢に向かって頑張ってくれることを信じて、まだまだ支えていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

堀池美桜 母
posted by petit pointe blog at 09:51| 教室の皆様からの声

2018年 YAGP NYファイナルに出場しました。

2018年 YAGP NYファイナルに出場しました。

この度はたくさんの応援ありがとうございました!足の怪我で出ることができるかわからなかったり、大変なことはたくさんありましたが、ずっと夢だったNYの舞台で踊ることができてすごく幸せです。

NYに行っても感じたことはやはり基礎。
参加したワークショップでは、プチポアントで教えていただくことと同じ注意が多く、日々のレッスンを大切にすることは大事だと改めて思いました。
また、今の自分に足りないことに気づくことができました。舞台を観たり、周りの子を見て学ぶことも多々あり、沢山の刺激をうけました。

ここまで親身になってご指導くださった先生方、この経験をさせてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

この経験を糧にさらに精進して参ります。

堀池 美桜
posted by petit pointe blog at 09:50| 教室の皆様からの声

2018年05月16日

バレエ関連テレビ放映のご案内

バレエ関連テレビ放映のご案内


5月20日(日) 午後9時〜

クラシック音楽館
NHKバレエの饗宴2018
posted by petit pointe blog at 11:57| 教室の皆様からの声

2018年05月12日

はじめまして。

はじめまして。


新しくシニアクラスに入りました、中学二年生の竹本真理子と申します。

まだわからないことも多く、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
精一杯頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。
posted by petit pointe blog at 22:12| 教室の皆様からの声

2018年04月10日

ロンドンよりNo.3

ロンドンよりNo.3

白鳥の湖の公演、5回観ることができました。
会場は毎回席が埋まっていて、賑やかでした。
image1.jpeg

image2.jpeg
グッズも売っています

image3.jpeg

公演は毎回キャストが違うので、それぞれの良さを味わえ、律子に関しては、白鳥コールド、ナポリ、黒鳥を観賞する事が出来ました。
このオリジナル白鳥の湖。オデットとオディールは親友で、ロットバルトはオディールのお兄さん。
オデットに愛を告白しますが断られ、腹を立ててオデットを白鳥にしてしまう。という入りです。
image4.jpeg
白鳥コールド、左から3番目

image5.jpeg
カーテンコール  左から4番目

image6.jpeg
ナポリの衣装

image7.png
初日に批評家さんが観賞され、ナポリを誌面にとりあげてくださいました。

image8.jpeg
黒鳥の時のカーテンコール
中央は、ナレーションの方

image9.jpeg

image10.jpeg
白鳥、王子、ロットバルトと

image11.jpeg
男性陣もとても綺麗かったです

観客席では子供達の反応が楽しかったです。オシャレして、バレリーナ気分で踊り出す子も。
男の子も凄く多かったです。
image13.jpeg
楽屋口でプログラムにサイン。

まだ始まったばかりですが、元気に乗り切れますように。
posted by petit pointe blog at 21:49| 教室の皆様からの声