2018年07月09日

ENBSサマーパフォーマンス

ENBSサマーパフォーマンス

今年も3年生の卒業公演を兼ねたサマーパフォーマンスに行ってきました。
image1.jpeg

New Wimbledon Theatre
2日間で3公演です。
image2.png

image3.png

image4.png
クラシック作品、30分近くあり、全学年出演で見応えありました。
2年生はこの鮮やかなブルーの衣装

image5.png

image6.png

image9.jpeg
コンテ作品。2,3年生出演

image8.png

image10.jpeg
最後は「眠り三幕」のガーランド

image11.jpeg
そして舞台上で卒業式卒業式、皆さん晴れやかな表情で、感無量でした

image12.jpeg

image13.jpeg
9月から3年生になります。

Rママ

posted by petit pointe blog at 20:26| 教室の皆様からの声

2018年06月10日

My First Swan Lake 報告!

My First Swan Lake 報告!

ppの皆様、お久しぶりです、荻野律子です。
この公演に当たり、たくさんのppの方々から応援の言葉を頂きました。ありがとうございました。

My First とは、毎年、English National Ballet Schoolの第二学年の全員が、バレエ公演をするというもので、今年は白鳥の湖になりました!My First Balletは、元の全幕バレエより短くされ、わかりやすく、そしてナレーター付きのため、子供に大人気です。
公演はLondonから始まり、Bromly, Oxford, woking, Blackpool, Torquayへツアーにも行き、計52公演です。

もう一つ、My Firstの魅力は、カンパニーの先生方、スタッフの方々とプロフェッショナルな環境で指導を受けたり、踊ったり、待遇されるところです。普段のスクールの先生とは違う、実際にカンパニーで教えているバレエマスター、ミストレスに振り付けや指導をして頂けたあの時間はとても貴重で、勉強になることばかりでした。
またトウシューズが支給されたことも嬉しかったです。
初めての写真撮影も楽しかったです。

私達若いダンサー、pre professional dancerの立場としては、この公演数と環境は素晴らしい経験でしたし、将来、自分達がどのようにダンサーとしてやって行けば良いのかなどがわかり、これからのキャリアへの第一歩という感じがしました。

リハーサルは1月から始まり、最後の公演は5月の下旬に終わりました。
この長い期間、本当にいろんなことが起きました笑。
というのは、全学年でバレエを作り上げることは、とても大変で、キャストが変わったり、怪我人、病人が出てチャンスが回ってきたり、友達と意見が合わなかったりと色々ありました。
リハーサルでは、自分の役以外の役の振り付けを覚えたり、第二キャストであれば、第一キャストがリハーサルをしている横で練習したり注意を聞いたりしなければいけないので、いつチャンスが来てもいいように準備します。

私は最終的に、黒鳥、白鳥のコールドバレエ、ナポリタンプリンセス、Servants, ワルツを踊りました。1番難しかったのはコールドバレエでした。

公演をやり遂げた後の達成感は最高で、特に初日の舞台は格別でした。

この経験を糧にして、残りの1ヶ月と少し、時間を無駄にせずに精進して、少しでも上達できるように頑張ります。最後にあるサマーパフォーマンスも頑張ります!

p.s.今年のサマーパフォーマンスのチラシに私が載っています!
image1.png

image2.png

IMG_0457.JPG

IMG_0458.JPG

IMG_0459.JPG

IMG_0460.JPG

IMG_0461.JPG

IMG_0462.JPG


posted by petit pointe blog at 16:44| 教室の皆様からの声

2018年05月29日

楽しく撮影させていただきました!

楽しく撮影させていただきました!

先日は久しぶりに懐かしいメンバーのお顔を見れてとても楽しく撮影させていただきました。
赤ちゃんのようだった子がだんだん少女へ変わっていく姿を見れるのは感慨深いですね。
ジュニアの子達の歩き方がすっかりバレエダンサーの歩き方に変わっていてとても嬉しくなりました。

Kaori Iwata
posted by petit pointe blog at 17:25| 教室の皆様からの声

2018年05月19日

沢山の応援をありがとうございました!

沢山の応援をありがとうございました!

堀池美桜の母です。
この度は、娘がYAGP NY本戦に出場するにあたり、沢山の応援をいただきありがとうございました。本来ならお一人お一人にお礼を申し上げたいところですが、ブログより失礼いたします。

コンテは日本時間の深夜、クラシックは早朝にも関わらず、ライブで沢山の方がエールを送ってくださったと伺い、嬉しく思いました。
私は全てを富田先生へ託し、毎日富田先生が送ってくださるLINEでNYでの娘の様子を知るという約12日間でした。日本にいる時よりもなぜか連絡をしてこない娘。「足首が痛いのかな?」「体調が悪いのかな?」と心配は尽きませんでした。その真意は判らぬままですが、15歳の娘なりに精一杯の12日間だったのでしょう。
一難去ってまた一難。足首の痛みは何とか取れたものの、小指の爪が割れた上に、親指の爪も皮膚に食い込んでしまい、酷い痛みだったそうです。本番には痛み止めを使うと聞いていたので、堂々と無事に踊りきった娘の姿をみて安堵し、涙が溢れました。皆様の応援がパワーになったのだと感じています。

結果は、娘が満足できるものではなかったかもしれませんが、この得難い経験は一生の財産になったことと思います。

怪我というアクシデントがあり、夢の舞台への道のりは険しかったけれど、想像以上に素晴らしいものだったようです。
娘にそんな景色を見せてくださったp.pの先生方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
13年間、p.pで基本を大切に丁寧にご指導いただいて参りました。
富田先生が「美桜の成長を見て、自分の方針が間違っていないんだと確信した」と仰ってくださったことがあります。先生を信じ、p.pに通わせ続けて本当に良かったです。

いつも親身になって相談に乗ってくださり、ピンチには惜しみなく手を差し伸べてくださった先生方。本当にありがとうございました。

p.pのこれからの益々の繁栄を願っています。そして、娘がこれからもp.pの生徒であることを誇りに、夢に向かって頑張ってくれることを信じて、まだまだ支えていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

堀池美桜 母
posted by petit pointe blog at 09:51| 教室の皆様からの声

2018年 YAGP NYファイナルに出場しました。

2018年 YAGP NYファイナルに出場しました。

この度はたくさんの応援ありがとうございました!足の怪我で出ることができるかわからなかったり、大変なことはたくさんありましたが、ずっと夢だったNYの舞台で踊ることができてすごく幸せです。

NYに行っても感じたことはやはり基礎。
参加したワークショップでは、プチポアントで教えていただくことと同じ注意が多く、日々のレッスンを大切にすることは大事だと改めて思いました。
また、今の自分に足りないことに気づくことができました。舞台を観たり、周りの子を見て学ぶことも多々あり、沢山の刺激をうけました。

ここまで親身になってご指導くださった先生方、この経験をさせてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

この経験を糧にさらに精進して参ります。

堀池 美桜
posted by petit pointe blog at 09:50| 教室の皆様からの声

2018年05月16日

バレエ関連テレビ放映のご案内

バレエ関連テレビ放映のご案内


5月20日(日) 午後9時〜

クラシック音楽館
NHKバレエの饗宴2018
posted by petit pointe blog at 11:57| 教室の皆様からの声

2018年05月12日

はじめまして。

はじめまして。


新しくシニアクラスに入りました、中学二年生の竹本真理子と申します。

まだわからないことも多く、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
精一杯頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。
posted by petit pointe blog at 22:12| 教室の皆様からの声

2018年04月10日

ロンドンよりNo.3

ロンドンよりNo.3

白鳥の湖の公演、5回観ることができました。
会場は毎回席が埋まっていて、賑やかでした。
image1.jpeg

image2.jpeg
グッズも売っています

image3.jpeg

公演は毎回キャストが違うので、それぞれの良さを味わえ、律子に関しては、白鳥コールド、ナポリ、黒鳥を観賞する事が出来ました。
このオリジナル白鳥の湖。オデットとオディールは親友で、ロットバルトはオディールのお兄さん。
オデットに愛を告白しますが断られ、腹を立ててオデットを白鳥にしてしまう。という入りです。
image4.jpeg
白鳥コールド、左から3番目

image5.jpeg
カーテンコール  左から4番目

image6.jpeg
ナポリの衣装

image7.png
初日に批評家さんが観賞され、ナポリを誌面にとりあげてくださいました。

image8.jpeg
黒鳥の時のカーテンコール
中央は、ナレーションの方

image9.jpeg

image10.jpeg
白鳥、王子、ロットバルトと

image11.jpeg
男性陣もとても綺麗かったです

観客席では子供達の反応が楽しかったです。オシャレして、バレリーナ気分で踊り出す子も。
男の子も凄く多かったです。
image13.jpeg
楽屋口でプログラムにサイン。

まだ始まったばかりですが、元気に乗り切れますように。
posted by petit pointe blog at 21:49| 教室の皆様からの声

2018年04月06日

ロンドよりNo.2

ロンドよりNo.2

参観日から白鳥本番まで数日あるので、ENBバレエ団とスクールが一緒のビルに入る建設地へ行ってみました。
律子が3年にあがる頃に完成との話でしたが、一年伸びてしまったようです。
image1.jpeg

ロンドン中心から電車で30分足らずのcanning townという駅前。
赤い橋を渡ると建設現場です。
東京でいうと多摩ニュータウンといったところでしょうか。
image2.jpeg

川の中の島?に街が出来るようです
image3.jpeg

完成イメージ
一部仕上がってすでに入ってるオフィスやスポーツジム、カフェもありました。
image4.jpeg

マンションも沢山建設中
image5.jpeg

今日の午後から白鳥の湖スタートです。またレポートしますね。
劇場看板前で
image6.png

有り難いことに、ひとりポアント10足、タイツ3足支給OK!。それぞれのものがボックスに名前入りで届きます。
鏡の前にも、それぞれの役で使用する髪飾りやヘアピン、ネットが、それぞれの髪の色に合わせてセットされていて、皆感激したとか。
image7.jpeg

image8.jpeg

ゲネプロ
image9.jpeg

Rママ
posted by petit pointe blog at 14:40| 教室の皆様からの声

2018年04月02日

先日、参観に行ってきました。

先日、参観に行ってきました。

なかなかレッスンを観られる機会が無いので、バーレッスンから楽しみに参加させていただきました。
一番の感想は、今更ですが先生の質が高い!という事です。
ここぞと言う重要ポイントを話されながら、先生自ら目の前でバッチリ全力でお見本を見せてくださいます。そして、それがまた美しいんですきらきら
それと、プチポアントのお上手な生徒さん達は先生の型にそっくりだと気が付きました。1から先生に習われ、素直にそれを真似され、素質や努力も加わりお上手になられたんだと思いました。
娘も、もっと早くからプチポアントで教えていただきたかったな〜と思いました。入会して3年が経ちますが、最近ようやく少しバレエらしくなってきたように感じます。
沢山バレエのお教室はありますが、プチポアントは本物を教えて下さるお教室だと思いました。それには、先生が本物である事だけでなく、バレエを愛し、愛情を持って本気で教えて下さる事が大切なんだろうなと、生意気ながら感じました。
これからも、楽しく長くバレエを続けさせていただけたらと思っております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

M.T.
posted by petit pointe blog at 22:20| 教室の皆様からの声