2011年09月17日

トーシューズの履き方とメンテナンス

トーシューズの履き方

まず、靴に通っている細い紐を締めて足にフィットさせます。この紐は毎回結びかえる必要はなく、ゆるんできたら結び直してください。

リボンは足首を曲げた状態で結びます。
足首は甲を伸ばした時細くなります、この状態で結んでしまうと、きつくて踊れなくなってしまうので要注意exclamation×2
まず前で交差させ、足首の一番細い部分に重ねて一周づつさせます。後ろ側でアキレス腱を避けて結びます。片ちょう、またはかた結びがいいですね。
結び目をリボンの下に仕舞い込めば完了。この時丸めて仕舞うと、こぶが出来て恰好悪いです。
足にフィットし、結び目がすっきりしていたら、ぴかぴか(新しい)大成功です。


指先とシューズのメンテナンス

指先の当たる部位には必要に応じてドラッグストアで売っている布テープ等をクラスの前に貼っておくと良いでしょう。
爪も長すぎず、切りすぎず指と同じ長さで保つようにします。

レッスンをした日は、トーシューズをお部屋で干して汗を飛ばしておくと長持ちひらめきしますよ!トーシューズパットも同様です、布製のものは時々お洗濯してくださいね。
posted by petit pointe blog at 06:31| バレエ豆知識